自分で過払い金を請求する方法

自力で行うには専門知識が必要で、難しいように思えるかもしれませんが、知識を学んでいけば自身で交渉して返還してもらうことは充分可能です。

サイトトップ > 過払い金とは

スポンサードリンク

自分で過払い金を請求する方法

過払い金とは


過払い金とは一体なんのことなのでしょう。 馴染みのない方もいるかもしれませんが、貸し金業界ではしばしば聞かれる言葉で、消費者金融などに関するトラブルで目にする機会があるようです。過払い金とは簡単に言うと、借金をした人が借り手に返しすぎたお金の事を指します。


借り入れをすると、貸し金業は利息を加えて契約を行いますが、その利息の利率が利息制限法を超えて課せられている場合、本来ならば払う必要のない利息が出ます。余分な利息金は元金に充当されるので、引き直し計算をすると返済が終わっているはずなのに、元金も利息も払いすぎている状況になる事がそうなのです。


過払い金は利息制限法を遵守していれば現れる事はありません。過払い金は、取引が長いほど、また利息が高いほど発生しやすい傾向があるとされるので、時折チェックしておくのが大切でしょう。特に、自転車操業のように「借りては返し」を長らく繰り返しているのであれば、過払い金になる恐れが高いとされます。


利率の高い時にも注意が必要です。昔の消費者金融では現在施行されている利息制限法の上限利率より高い利率を設けている事があり、その時の借金に過払い金が発生している事もあります。借金にまつわる問題を無くす為に、過払い金について学んでみませんか。


自分で過払い金を請求する方法

MENU



スポンサードリンク